スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

追っかけして11連「日本海」を撮る

2011年10月の撮影・・・・・・・・

037dds.jpg

尾久駅(下り) EF510 508 「カシオペア」 (ISO1600 200mm F2.5 1/1300) 2011年10月2日
※ 以前から有名撮影ポイントとして知られていたが、東京スカイツリーバックとなって新名所になったともいえる。


筆者は青森へ向かおうとしている最中、2011年11月6日未明に土合~湯檜曽で倒木が発生し、3:38の定刻着で越後湯沢に臨時停車した2022レ「あけぼの」は、乗客の新幹線振り替えのため朝まで抑止。尻目に見ながら、急遽、北陸方面へ足を向けることになった。


牛の谷~細呂木 EF81 135 (1072レ) (ISO800 200mm F2.8 1/720) 2011年10月6日 6:56通過。
※ 石川と福井の県境、牛の谷に、半月ぶりに訪れてみると、この区間の線間のポール&タイガーロープが復活していた。先月訪問したとき、なんかいつもと違うなぁ?と察したが、あれはポールを立てる用意だったんだと、今頃気づいても後の祭り。

12349988.jpg

牛の谷~細呂木 EF81 101 「日本海」 (ISO800 200mm F2.8 1/720) 2011年10月6日 7:01通過。

009dsa.jpg

細呂木駅 EF81 135 (1072レ) (ISO800 135mm F2.8 1/1000) 2011年10月6日

016dsa.jpg

細呂木駅 EF81 101 「日本海」 (ISO800 135mm F2.8 1/1000) 2011年10月6日
※ この日は、三脚にカメラをセットし、家内にシャッターを任せて二手に分かれて撮影。真横から陽が射すので、面の片鱗と手摺、連結器とスノープロウの半面が光るだけだが、真逆光とはずいぶん異なる印象を受ける。

12349949.jpg

新疋田~近江塩津 EF81 103 「日本海」 (ISO100 80-200mm F2.8 1/1300) 2011年10月6日
※ スノーシェルターのある近江塩津側だが、ここも線間の草が伸び放題で、かつての撮影ポイントは消滅していた。

008ase.jpg

福井駅 EF81 103 「日本海」 (ISO800 85mm F8 4秒) 2011年10月6日 20:26。

12349946.jpg

細呂木~牛の谷 EF81 117 (3091レ) (ISO800 200mm F2.8 1/125) 2011年10月7日 6:35通過。

025dsa.jpg

牛の谷~細呂木 EF81 119 (1072レ) (ISO800 200mm F2.5 1/720) 2011年10月7日 6:57通過。

12349956.jpg

牛の谷~細呂木 EF81 107 「日本海」 (ISO800 200mm F2.5 1/720) 2011年10月7日 7:04通過。
※ 約3分遅れで通過となったため、南条~湯尾のカーブでの追っかけを断念せざるを得ない。

12349951.jpg

敦賀~新疋田(鳩原のカーブ) EF81 113 「日本海」 (ISO 80mm F2.8 1/720) 2011年10月7日 8:27通過。
※ 新疋田~敦賀間は、上り線がループ線となっている。このカーブポイントでは「日本海」の通過時は終始逆光と思いきや、若干面に光が射す。

12349942.jpg

鯖江~武生(日野川橋梁) EF81 44 「トワイライト」 (ISO100 80-200mm F2.8 1/720) 201110月7日 10:07通過。
※ サンドーム福井バックの日野川橋梁は上下線がかなり離れた線形になっている。この時期、上り「トワイライト」通過時刻は、晴れれば面はわずかに順光となるのだが、直前に曇ってしまった。

12349947.jpg

鯖江駅 EF81 104 「トワイライト」 (ISO100 100mm F5.6 1/125) 2011年10月7日 14:29。
※ 8001レ下り「トワイライト」は、サンダーバード21号の追い越し待ちで、鯖江駅の中線に14:22~14:28の間、6分間運転停車する。このほか、近江舞子で12:59~13:04にサンダーバード19号の追い越し待ち、女鹿で22:33~22:39に2022レ「あけぼの」と交換、秋田県の大久保で0:13~0:14に、上りと離合のため「トワイライト」同士の交換があり、五稜郭では、8009レ「カシオペア」と離合する。ここの銀杏並木は12月には色づくだろう。

12450013.jpg

日暮里~鶯谷(御隠殿坂跨線橋) EF64 1053 「あけぼの」 (ISO400 200mm F2.5 1/320) 2011年10月10日 6:54通過。

12450078.jpg

宮原駅 EF64 1051 「あけぼの」 (ISO1600 80mm F2.8 1/250) 2011年10月15日 6:23通過。
※ 信越線での大雨で、14日発のT18の485系1500番代国鉄色編成で運転された上り「能登」が、親不知を+90分、直江津+185分で通過。6:30に越後湯沢で運転打ち切りとなり新幹線に振替となった。上野着は+239分となった。同日の「日本海」の上下列車には、ほとんど遅れは生じなかった。

12450016.jpg

12450024.jpg

12450026.jpg

大宮工場 EF60 510 「さくら」 「はやぶさ」 × EF65 535 「さくら」 2011年10月15日
※ 「鉄道ふれあいフェア2011」にて、オールドファンには堪えられない魅力を放つ東京機関区のEF60 500番代&EF65 500番代の「さくら」がお目見えと相成った。C11の「さくら」をあわせて、色違いの3枚の「さくら」のヘッドマークが取り付けられたEF60は、1960年~1965年まで東京口の20系寝台特急を牽引していた。この510号機は1986年2月3日に廃車となって、長らく碓氷峠鉄道文化むらで514号機と共に保存されていた。なお、同形式3次グループに属する512~514号機は、シールドビーム二つ目のEF65 0番代に似た面構えを呈している。

12450025.jpg

大宮工場 EF65 535 「惜別」 2011年10月15日

12450022.jpg

大宮工場 EF510 510 「夢空間」 2011年10月15日

024wgr.jpg

大宮工場 C58 363 + C11 325 「さくら」 2011年10月15日
※ この一般展示公開、動画を撮影している人が多く、雨で傘が当ることもありながらの、人ごみの中での撮影となった。

12450017.jpg

010sss.jpg

大宮工場 EF64 1028 「あけぼの」 「絆」 2011年10月15日

007hsh.jpg

大宮工場 EF64 1070 「さいたま新都心」 2011年10月15日

12450014.jpg

陣場~碇ヶ関(寄入沢踏切) EF81 107 「日本海」(PC11両編成) (ISO400 300mm F2.8 1/250) 2011年10月16日 7:30通過。

12450082.jpg

陣場~碇ヶ関(寄入沢踏切) EF81 107 「日本海」(PC11両編成) (ISO1600 200mm F2.5 1/720) 2011年10月16日 7:30通過。

12450063.jpg

鶴ヶ坂~津軽新城 EF81 107 「日本海」(PC11両編成) (ISO400 200mm F4 1/1300) 2011年10月16日 8:33通過。

12450073.jpg

鶴ヶ坂~津軽新城 EF81 137 「あけぼの」 (ISO400 200mm F2.5 1/320) 2011年10月16日 9:45通過。

12450019.jpg

大鰐温泉駅 E751系 「つがる」8号 (ISO100 200mm F2.8 1/200) 2011年10月16日 16:54-55

JPG023a.jpg

大鰐温泉駅 EF81 107 「日本海」 (ISO400 85mm F8 20秒) 2011年10月16日 20:27通過。
※ 2022レ「あけぼの」は、ホーム先端の停車位置板のところに停車したため撮影できず、「あけぼの」の停車位置でカメラをセットし4002レ「日本海」を待ったところ、ホーム中寄りの停車位置板のところに停車したため、構図に余白が多くできてしまった。当日は、11両で増車運転されていたため、ホーム先端の停車位置で止まるものだと勘違いした。

12349994.jpg

大釈迦駅 E751系 「つがる」7号 (ISO800 50mm F2.8 1/200) 2011年10月16日 21:50通過。
※ この日の8002レ「トワイライト」は定時通過せず、新津+4分、202レ「はまなす」は青森+7分で、函館側で荒天だったようだ。以前、8002レ「トワイライト」は大釈迦で下り列車と交換していたが、現在は、津軽新城で21:56-22:00に「つがる」7号と交換する。

12349996.jpg

弘前駅 EF81 113 「トワイライト」(8001レ) (ISO100 35mm F8 5秒) 2011年10月17日 2:05-07。
※ 8001レ「トワイライト」は、深夜の弘前駅1番線で運転停車する。(2012年3月の新ダイヤでは8001レは、八郎潟駅のライブカメラで0:24に通過を確認することもできる。なお、8002レの八郎潟駅の通過時刻は0:11となる。)

12450083.jpg

白沢~陣場(風穴) EF81 103 「日本海」(PC11両編成) (ISO1600 200mm F2.5 1/200) 2011年10月17日 7:30通過。

12450062.jpg

鶴ヶ坂~津軽新城 EF81 103 「日本海」(PC11両編成) (ISO400 135mm F2.8 1/720) 2011年10月17日 8:33通過。

12349991a.jpg

大釈迦~鶴ヶ坂 EF81 138 「あけぼの」 (ISO800 50mm F1.4 1/1300) 2011年10月17日 9:35通過。

12349997.jpg

大釈迦~鶴ヶ坂 EF81 (ISO100 35mm F2.8 1/125) 2011年10月17日 13:37通過。
※ 朝のブルートレイン撮影用の構図の下見である。奥に大釈迦駅が見え、手前に複線予定の未成線?がある。

12349999.jpg

010gfs.jpg

北常盤~浪岡(松枝踏切) E751系 「つがる」51号 (ISO100 35mm F2.8 1/125) 2011年10月17日 13:56通過。
※ 川部~北常盤~浪岡は、晴れれば津軽富士をバックに編成を撮影できるポイントがある。

12450000.jpg

撫牛子~川部(浅瀬石川橋梁) 下り列車撮影アングル下見(35mmレンズで撮影)
※ 撫牛子(ないじょうし)は難読駅名で知られている。五能線分岐付近の陸橋より長梯子を使用して撮影。

12450002.jpg

撫牛子~川部(平川橋梁) 下り列車撮影アングル下見(200mmレンズで撮影)
※ 撫牛子のトラス橋は被り付きアングルで有名だが、陸橋から600mmで俯瞰しても面白い。なお、藤崎町平川には白鳥が飛来することで有名。

015gdg.jpg

石川~弘前(門外踏切) 上り列車撮影アングル
※ 下り方向の大和沢橋梁の線間が開いているので撮影できそうだが、この時期はススキが覆ってしまって不可。1つ弘前方の清水森踏切では、定番の森林バックのカーブで綺麗に下りブルートレインを編成で撮ることができる。

12450003.jpg

石川~弘前(アップルロード陸橋) 下り列車撮影アングル下見(80mmレンズで撮影)
※ この辺に陸橋が無いので容易にたどり着く。向こうに見えるのが石川駅。上りアングルは津軽富士をバックに撮影できる。

12450005.jpg

石川~大鰐温泉 道川踏切からの下り列車撮影アングル(200mmレンズで撮影)

12450004.jpg

大鰐温泉~石川(道川踏切) 上り方向の俯瞰名所の大仏公園を望む

12450007a.jpg

大鰐温泉駅 EF81 138 「あけぼの」 (ISO100 85mm F8 15秒) 2011年10月17日 19:14。
※ 2009年8月13日に撮影した際には、「日本海」の停車位置と同じ停車位置で「あけぼの」も停車していた。停車する3番ホームは、最近ホーム先端が造成、整備され綺麗になった。

12349990.jpg

大鰐温泉駅 EF81 138 「あけぼの」 (ISO400 135mm F8 15秒) 2011年10月17日 19:14。
※ 対向列車が無い限りは、駅では安全上ハイビームで停車するようだ。バルブ撮影は広角形で撮影するしかないようだ。

12450006.jpg

大鰐温泉駅 EF81 103 「日本海」 (ISO800 135mm F8 20秒) 2011年10月17日 22:24(早着)
※ ホーム後ろはカーブしており、この停止位置の場合、全部で9両を収めるのが限界のようだ。

12450012.jpg

青森駅 ED79 10 「はまなす」 (ISO100 85mm F8 10秒) 2011年10月17日 22:42。
※ 青い森鉄道開業に至って、夜行列車の発着番線が変更になっている。

12450008.jpg

青森駅 EF81 136 (ISO100 85mm F8 10秒) 2011年10月17日 23:25。
※ 10月15日の秋田総合車両センター一般公開での展示を終えた、ピカピカのカマの単機返却回送。「あけぼの」のカンが展示の際は取り付けられていた。


青森駅 ED79 7 「カシオペア」 2011年10月17日 23:40-50。
※ ホーム先端は厳重な立入り禁止。この時間になると、カシオペアの停車する対面ホーム2番線の消灯の時間が近づいているため、駅長が見回りをする。青い森鉄道のホームになった1、2番線は、最近、桟橋側へ抜ける線路を車止めの設置により封鎖した。なお、ホーム先端での撮影は光は全く無いので面が真っ暗に写り、客車のある所は明るく真っ白に写るため、停車中は碌な写真しか撮れません。撮影をするなら、入線停車寸前の明るい所での流し撮影が良い。

12450009.jpg

青森駅 EF510 513 「カシオペア」 (ISO100 85mm F8 5秒) 2011年10月17日 23:40-50。

12450037.jpg

白沢~陣場(風穴) EF81 44 「日本海」 (ISO400 300mm F4 1/1300) 2011年10月18日 遅れ7:30通過。

12450027.jpg

白沢~陣場(風穴) EF81 44 「日本海」 (ISO400 200mm F4 1/1300) 2011年10月18日 遅れ7:30通過。
※ 紅葉の時期に入った陣場の山々、順光の澄んだオレンジ光線の中に現れた。通過直前にPC9両の入る構図から山影が消えた。これからの冬の斜光で定時で撮る場合、山影が残るのでトンネル出口付近で編成後部を切る構図で撮影することになる。

12349992.jpg

碇ヶ関~長峰(国道454号線陸橋) EF81 137 「あけぼの」 (ISO800 200mm F3.5 1/720) 2011年10月18日
※ 手前下の樹木の成長が著しいため、アングルに無理がある。(かなり知られたアングルになってきたため区間公表は加筆 2012.9.30付)

12450034.jpg

陣場駅 701系 + 保線作業車両


碇ヶ関駅付近のロケーション

12450032.jpg

碇ヶ関~長峰 下り列車撮影構図の下見 (国道7号線とクロスする陸橋から50mレンズで撮影)

12450030.jpg

12450033.jpg

長峰~碇ヶ関 上り列車撮影構図の下見 (国道7号線とクロスする陸橋から35mレンズで撮影)
※ 下り列車の追い撮りの構図としても良いアングルを得ることができる。朝の下りブルートレインは、追い撮りが順光となる。

12450036.jpg

碇ヶ関~長峰 (上の写真のカーブを反対側から捉えた下り列車撮影アングルを50mmレンズで撮影)

88888393a.jpg

88888392.jpg

上有田駅 キハ66・67系 「西海」「雲仙」「平戸」 2011年10月22日 (sakuraさんからの寄稿)
※ 国鉄急行色4両基本編成で、22日、長崎9:40(「雲仙」2両)~佐世保10:30(「西海」2両)~門司港17:40(肥前山口で連結・筑豊本線経由) 23日、門司港10:00~長崎16:40(日田彦山線・後藤寺線経由) で運転された。しかし、この旧型気動車のリバイバルシリーズ、毎回デザインの冴えているHMの絵柄となっているが、現役準急・急行時代に実際に使われたものなのだろうか? 「平戸」のHMには、1977年に開通した平戸大橋のデザインが用いられている。
スポンサーサイト
[ 2011/03/03 14:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akebonoroman.blog3.fc2.com/tb.php/260-33760940







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。