スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

深谷の桜を絡めて撮る

2011年4月の撮影・・・・・・・・・・

震災後、3月18日に「日本海」が運転開始、4月1日に「あけぼの」が運転開始した。19日発の4002レ「日本海」と20日発の4001レ「日本海」は2両増結で運転となった。初日の2021レ「あけぼの」は増結車は回送扱いで2両増結、4月4日発2022レ「あけぼの」も同様で1両増結で運転となった。震災後の電力不足から、回送も旅客編成と一緒に送り込む段取りとなったらしい。これは、よい傾向で、夏場の電力不足解消後までは続けて節電に努めてもらいたいものである。牽引機がEF64に変わってから、これまで故障したカニの回送のため、カニ2両での10両での運転はあったが、ハネの増結はなかったように思われる。また、被災地への給油目的のため、JR各社が無料で輸送を担っており、磐越西線では3月26日から「たちあがろう 東北」というヘッドマークを掲げてDD51がタキの輸送を行なっている。石油列車はタンク車10両で600kℓを(4月1日から16日までは2往復)輸送した。東新潟区へ緊急配属されたDD51は 757、759、832、833、835、852、853、1027、1188号機、このほか、門司から EF81 303、304号機も応援に駆けつけ、主に日本海縦貫線に入っている。また、3月18日から根岸駅から盛岡貨物ターミナル駅へ、日本海廻りでタンク貨車18両の石油列車が発車した。石油専用列車の通常の運行距離は長くて200km程度で、1,000km以上の距離を毎日輸送したことは鉄道史130年間で無かった。

12349976.jpg

王子~尾久 EF64 1053「あけぼの」 (ISO100 300mm F4 1/1000) 2011年4月4日 (増結10両編成)

2890a

深谷~籠原 EF64 1030「あけぼの」 (ISO1600 50mm F1.4 1/1000) 2011年4月7日
※ 架線柱の1スパン分、市道との境界に鉄道会社敷設の柵が全く設置されていない部分がある。この区間は、道路境界が線路側に僅かに出て道路側のガードレールのみ敷設されており、信号ケーブル等の埋設物の関係で鉄道会社側の柵が敷設できないためと思われる。桜をバックに望遠系で狙う場所には、すべての場所に鉄道会社側の設置した柵が敷設されている。よってポールの内側に近いところから撮影できる箇所は、標準系レンズに限られる。

015b.jpg

深谷~籠原 EF210 155 + EH500 タキ43000  (ISO100 50mm F1.4 1/320) 2011年4月7日 5:33通過

2885.jpg

深谷~籠原 EF64 1053「あけぼの」 (ISO100 50mm F2.8 1/1000) 2011年4月8日 10:33通過

12349405a.jpg

深谷~籠原 EF64 1032「あけぼの」 (ISO100 50mm F2.8 1/720) 2011年4月10日 10:08通過

015c.jpg

深谷~籠原 EF65 1080 (ISO800 50mm F2.8 1/1000) 2011年4月11日

2883.jpg

深谷~籠原 EF64 1051「あけぼの」 (ISO1600 50mm F3.5 1/720) 2011年4月11日 5:43通過

017c.jpg

深谷~籠原 EF65 1074 (ISO800 85mm F2.8 1/720) 2011年4月12日

021c.jpg

深谷~籠原 EF64 1032「あけぼの」 (ISO800 85mm F2.8 1/720) 2011年4月12日 5:43通過

004a.jpg

深谷~籠原 EF64 1031「あけぼの」 (ISO400 300mm F2.8 1/500) 2011年4月14日

12349406.jpg

深谷~籠原 EF64 1053「あけぼの」 (ISO100 420mm F4 1/320) 2011年4月17日
スポンサーサイト
[ 2011/02/15 17:47 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akebonoroman.blog3.fc2.com/tb.php/253-1d545481







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。