スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

細呂木S字で撮る

2010年9月の撮影・・・・・・・

2010年9月12日、秋雨前線が間島~村上間に1時間に50mm/h以上の猛烈な雨を5時間以上も降らせた関係で、上下寝台特急6本が抑止状態になった。朝6時の時点で、上り列車は間島、越後早川駅に、下り列車は村上、新発田駅にそれぞれ缶詰状態になっていた。まず、間島~村上の単線区間は下り列車を優先して通すとの指令がなされていた。どうやら言い方は悪いが、上り列車は打ち捨てらしい。

9時頃には上り列車は中条駅まで先行していたが、ここで8002レ「トワイライト」が4002レ「日本海」を追い抜いた。その後、上り2022レ「あけぼの」は東三条、京ヶ瀬に8002レ「トワイライト」、月岡に4002レ「日本海」(EF81-106)がまたもや長時間抑止となった。これは秋雨前線が、三条、長岡付近に移動し、この区間に1時間に50mm/h以上の猛烈な雨を数時間にもわたって降らせて記録的な水害が発生したためである。この雨により行方不明者も出た。

大阪からの下り501M「きたぐに」も、親不知~鯨波近辺の大雨で速度規制がなされ、朝の3本の貨物列車も含めて軒並み30分前後の遅れで通過した。その後、501M「きたぐに」は見附で長時間抑止となった。

羽越本線内下り列車優先指令の甲斐あってか、9時前後には下り 4001レ「日本海」(EF81-104)、2021レ「あけぼの」(EF81-138)は酒田駅に到着していた。

15時30分に、それまで不通であった長岡~越後川口・長岡~柿崎間の抑止が解除された。夕方、最初に動き出したのは、上り2022レ「あけぼの」で、16時頃には長岡を出て上越線内に入ることができた。上越線内の2022レ「あけぼの」(EF64-1053)回送にはヘッドマークが掲出されていた。16時30分頃、8002レ「トワイライト」もようやく動き出したが、時速35km/h規制で運転を再開した。18時30分頃に3375M「くびき野」5号が、ようやく時速規制が解除された信越本線をかっ飛ばして柿崎から長岡へ向かった。上り8002レ「トワイライト」および4002レ「日本海」が柿崎に達したのは19時を回ってからであった。この影響で、下り列車の車両の手配が間に合わず12日発の「日本海」「あけぼの」は、上下列車共に運休となった。

2010年9月13日、今度は秋雨前線が羽越線鶴岡市近辺に1時間に50mm/h以上の猛烈な雨を5時間以上も降らせた。はじめに、23時に上り2021レ「あけぼの」が鶴岡で抑止した。

2010年9月14日午前1時に、遅れて運転していた上り4001レ「日本海」(EF81-104)が酒田駅で早々に抑止。下り4001レ「日本海」と2021レ「あけぼの」は長岡で抑止して先へ進まなかった。このとき、長岡~村上付近は、それほど降雨量がなかったものの、前々日の惨憺たる経験からかそれ以上進ませなかった。これは乗客の新幹線への振替救済を早々と念頭に入れた対策と思われる。羽越本線の地元駅員は深夜の時点から、朝一の「いなほ」2号はまだ運転できないだろうと話していた。

酒田駅に長時間抑止していた上り4001レ「日本海」(EF81-104)は、早々に運転打ち切り後、車両は青森へ向けて反対方向へ回送されてしまった。下り4002レ「日本海」(EF81-107)も、長岡で臨時停車の後に新津まで進めたが、運転打ち切りとなって車両は午前中早々に引き返すことになった。敦賀区のカマは、両エンドにヘッドマークを掲出しているため、多くの鉄道ファンは、回送となった列車が、まさか引き返しているとは思わず、雨の笹川流れを通過して来ているものと勘違いしていた。

下り2022レ「あけぼの」は長岡駅で長時間抑止していたが、上野へ折り返し回送するのかと思いきや秋田へ向けて発車した。鶴岡で抑止していた上り2021レ「あけぼの」も、昼前には長岡に到着し、白昼の上越線をヘッドマーク付きの1052号機が堂々と牽いた。「あけぼの」牽引にあたるEF64には、両エンドにヘッドマークが掲出されていることも関係するのかもしれない。このため上越線内では多くの撮り鉄で賑わった。

2010年9月14日発、上り2022レ「あけぼの」(EF81-137)は、大雨のため客車の返送が青森まで間に合わず、発時間繰り下げの22時03分に秋田始発となった。この「あけぼの」充当のEF81には片側にしかヘッドマークは付けていないため、青森に帰区しないとヘッドマークの掛け替えはしないためか客車側にヘッドマークが掲出されていた。定刻より約1時間遅れての秋田発となったが、長岡での機関車交換の45分の時間を有効に活用して、翌上野着は定刻にのせた。実は、これは予想通りだったといえるかもしれない。

新津から引き返した回送の4002レ「日本海」は、午後遅くに向日町へ着いた関係で、14日の大阪始発下り4001レ「日本海」は、発車時刻繰り下げの21時に発車となった。この遅延発車の関係で長岡で朝6時を迎えることとなり、また全検上がりの美しい EF81 101 号機牽引ということも関係して、15日は羽越本線内に多くの撮り鉄が訪れた。

今回の遅延による運転打ち切りで、「あけぼの」は運転打ち切り後、車両が引き返すということはない。また、「日本海」は、大幅遅延時には「トワイライト」に先を譲る。上下列車の離合までの距離がかなりある場合は、運転打ち切り後、車両は引き返すというシュミレーションがなされた。
遅れや、打ち切り後の回送、折り返し列車への運用など、なかなか読みきれない部分が多々あるので、この慣例にそぐわないこともあるとは思いますが、今後の参考になると思います。

4405{2010.9.28 81-104 400}

牛の谷~細呂木 EF81 104(ISO400 135mm F2.8 1/500) 2010年9月28日

4401.jpg

牛の谷~細呂木 EF81 108「日本海」(ISO400 80-200mm F2.8 1/320) 2010年9月29日

5727.jpg

牛の谷~細呂木 EF81 113「日本海」(ISO1600 135mm F2.8 1/1000) 2010年9月30日

001j

牛の谷~細呂木 EF81 107「日本海」(ISO400 135mm F2.8 1/1000) 2010年10月10日

12348370j.jpg

牛の谷~細呂木 EF81 114「トワイライト」(ISO400 135mm F2.8 1/500) 2010年10月10日

013j.jpg

牛の谷~細呂木 EF81 104「日本海」(ISO1600 135mm F2.8 1/250) 2010年11月26日

024j.jpg

025j.jpg

牛の谷~細呂木 EF81 44「トワイライト」(ISO400 50mm F1.4 1/1000) 2010年11月26日

4485.jpg

敦賀駅 EF81 108「日本海」(ISO400 35-70mm F8 20秒) 2010年9月27日

12348309.jpg

敦賀駅 EF81 113「日本海」(ISO400 100mm F8 15秒) 2010年9月28日

6017.jpg

敦賀駅 EF81 106「日本海」(ISO100 100mm F8 15秒) 2010年9月29日

6002.jpg

敦賀駅 EF81 104「日本海」(ISO100 50-250mm F8-11 15秒) 2010年11月24日

舞鶴若狭自動車道が小浜西ICから敦賀JCTまで未開通となっているが、この区間の下道の広域農道や国道27号線(丹後街道)は大型車の通行がたいへん多く混雑する。時間的に福知山から敦賀へ抜ける場合、全線高速道路で通って米原廻りで大廻りしたほうが早く到着する。しかしながら筆者は、小浜から交通量の少ない国道162号線を通って、国道27号の美浜東・金山バイパスを経由するとかなりの時間短縮になることがわかった。国道162号線はかなりの改良工事がなされており、あまり知られていない高規格道路さながらのトンネルが9本も抜かれている。世久見地区の一部区間のみ断崖絶壁に1車線の林道のようになっている。この区間があるおかげで、大型車はこの道路の通行を避けざるを得ないのである。なお、舞鶴若狭自動車道は、2011年夏に小浜西IC~小浜IC間が延伸開通するようである。東西の物流を変えるこの高速道路の、一日も早い全線開通が待ち望まれている。


JR貨物の広島車両所が毎年一般公開される。今年もそれが近づくに先立って貨物列車にPRカンが取付られた。貨物列車撮影を得意としない私にとっては、旅行中のついでのひとコマとなった。

4062.jpg

向洋駅 EF67 104「JR車両フェスティバル」(ISO400 80-200mm F2.8 1/1000) 2010年9月24日

JPG022.jpg

向洋駅 115系 旧瀬戸内色(ISO400 80-200mm F2.8 1/1000) 2010年9月24日

JPG013a.jpg

JPG021a.jpg

向洋駅 115系 瀬戸内色(ISO400 80-200mm F2.8 1/1000) 2010年9月24日
スポンサーサイト
[ 2011/01/02 17:21 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

新年おめでとうございます。

昨年末の撮影行、お疲れ様でした。
紀州路の撮影を楽しんで回られたのですね。
紀勢線の有名撮影地ですが、最近はほんとうに縮小されてしまった感があります。
かくいう地元の私たちも、なかなかその地まで赴いて撮影に出かけることもなくなってしまいました。
381系が紀勢線から引退、ということになれば、また賑わうのかもしれませんね。
撮影された写真を拝見できるのを楽しみにしています。

消え行くブルートレイン・・・少し寂しいタイトルですが、現実ですね。
私個人的には、ちょっと古いですが寝台特急「紀伊」が引退してからはほとんど無縁な存在になってしまいました。

相互リンク、ありがとうございました。宜しくお願いします。
[ 2011/01/05 16:21 ] [ 編集 ]

No title

4001レは107号機です
[ 2011/07/12 01:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akebonoroman.blog3.fc2.com/tb.php/238-85244427







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。